おいしい食べ方

① まずは概要

手羽先はお箸ではなく手で骨をはずしつつモリモリ食べましょう。
汚れたっていいじゃないですか。

 
② そして心構え

出来立ては熱いので火傷などしないように注意しましょう。
ですが、冷めてしまっては美味しさ半減です。
気合を入れて、指先に魂こめて、根性で喰らってやりましょう!

 
 

赤丸の部分に関節があります。そこを脱臼させて骨を取り出すのです。

 
 



こんな感じで親指を支点にエイヤッ(ここで気合)で関節を外す訳です。
そして飛び出た骨を引っ張り出します。そうすることで至福の時間が訪れるのです。

 
 

骨が抜けたことで手羽の大部分(赤丸ね)を一口でバックリ食べられます。
お箸でチマチマほじくり返していてはこの美味しさは味わえないのです。
そして抜き取った骨についたお肉も喰らっちゃいましょう。

 
 

ここで終了する方も多いのですが、手羽先は残りの細い方だって食べられます。
さっきと同じ要領で赤丸部分の関節を外します。

 
 



親指を支点にエイヤッ(ここで気合)ですよ。
バキバキ骨を外して貪り食っちゃいましょう。

 
 

するとホレこの通り。骨だけ残してきれいに食べることができました。
エキスパートはこの先っちょも食べちゃいます。関節周りの軟骨も食べちゃいます。
ホントに骨しか残りません。こんな感じで美味しく召し上がってください。
あ、そうそう。申し訳ないのですがオシボリはお一人様一枚限りとなっております。

ご了承くださいませ。

 

Designed by IS Co,.Ltd